Linuxのディレクトリツリー

/  
ファイルシステム階層全体の第一階層(ルートディレクトリ)  

/bin  
シングルユーザモードで必要となる一般ユーザー向けの基本コマンドの実行ファイル (binaries)。例えばcat、ls、cpなど。  

/boot  
ブートローダー (boot loader) 関連のファイル群。例えば、カーネルや initrd(初期 RAMディスク)。通常は別パーティション。  

/dev  
基本デバイス(device)。例えば、/dev/nullなど。  

/etc  
システム全体に関わる固有設定ファイル群。  

/home  
ユーザーの ホームディレクトリ (home directory) 群。セーブファイル、個人用設定 など。別パーティションとすることが多い。  

/initrd  
ルート・ファイル・システムをマウントするための各種実行可能ファイルとドライバーが含まれている。  

/lib  
/bin/ や /sbin/ にある実行ファイルの基本となるライブラリ (library) 群。  

lost+found  
破損ファイルの断片を収めるディレクトリ。  

/media  
CD-ROMなどのリームバブル媒体 (media) のマウントポイント(FHS-2.3 で追加)  

/misc  
リムーバブルメディアのマウントポイント(その他ざまざまなデータ用)。  

/mnt  
ファイルシステムの一時マウントポイント (mount)  

/opt  
オプション (option) のアプリケーションソフトウェアパッケージのインストール用。  

/proc  
カーネルやプロセス (process) の状態に関する情報を主にテキストで示す仮想ファイルシステム(例えば、実行時間やネット ワークなど) 用。procfsのマウントポイント。  

/root  
rootユーザのホームディレクトリ。  

/sbin  
システム管理系コマンドの実行ファイル群(例えば、init、ip、mount)。(system binaries)  

/sys  
動作しているプロセスやドライバを/procで管理すると膨大になるため、/sysにドライバ関連のプロセスをまとめている。  

/srv  
システムによって提供された (served) サイト固有のデータ。  

/tmp  
一時ファイル置場 (temporary files)。リブート時に内容が保持されない。  

/usr  
User Services and Routines の略で、ユーザーが共有する読み込み専用データの第 二階層。大部分の(マルチ)ユーザ・ユーティリティとアプリケーションを格納する。  

/var  
可変 (Variable) なファイル群。内容が常に変化するようなファイル群を格納する。 例えば、ログ、スプール、一時的電子メールファイルなど。別パーティションとすることもある。  

/usr/bin  
一般ユーザ向けだが基本的ではないコマンドの実行ファイル(シングルユーザモードで必要としない)。  

/usr/include  
標準 includeファイル群  

/usr/lib  
/usr/bin/ や /usr/sbin/ にある実行ファイルの基本となるライブラリ (library) 群。  

/usr/sbin  
基本的でないシステム実行ファイル群。例えば、各種ネットワークサービス用デーモンなど。  

/usr/local  
ホスト固有のローカル (local) データを格納する第三階層。通常、さらにサブディレクトリとして bin/、lib/、share/ などを持つ。  

/usr/etc  
あまり利用されることはないが、/usrに追加されるライブラリの設定ファイル は/etcが利用される。  

図解雑学 Linux (図解雑学シリーズ)

図解雑学 Linux (図解雑学シリーズ)