読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perl copyモジュール

#File::Copyを使ってファイルをコピー
#copy.pl

#モジュール呼び出し
#File::Copyモジュールを呼び出す
use File::Copy;

#引数が二つ以上の時はusageサブルーチンを呼び出してコピー命令の使い方を表示する。
if(@ARGV != 2){
    #引数が2つ以上の時には使い方を表示
    &usage();
}

#モジュールのルーチン実行
#引数をたd如く2つ指定した場合はcopyサブルーチンを実行する。
#エラーの判定には$!にエラー原因が入る(特殊な変数)
copy($ARGV[0], $ARGV[1]);

print "コピー中にエラーが発生しました($!)。\n" if($!);

#使い方を表示
#使い方を表示した後exit関数によってスクリプトを終了する。
sub usage{
    print <<EOT
copy.pl:ファイルのコピー

copy.pl コピー元ファイル名 コピー先ファイル名
EOT
        ;
    exit(1);
}


#コマンドラインにperl copy.pl test.txt xxx.txt
# と入力してスクリプトを実行すると現在のディレクトリにあるファイルtet.txtがxxx.txtにコピーされる。

初めてのPerl 第6版

初めてのPerl 第6版